アイロンを使って簡単セルフスタイリング@

アイロンを使って簡単セルフスタイリング@

アイロンはストレートヘアにするだけでなく、アレンジにも役立ちます。最近のアイロンは、アレンジできるようにコテ的な役割も果たしてくれます。コテがないという人も簡単な内巻きぐらいだとアイロンで可能なのです。

 

 

 

 自宅で時間をかけずに簡単にできるアレンジ方法をみてみたいと思います。まず、スタイリングをしようとする時は、変化をつけたい箇所にスタイリング剤をつけます。毛先中心のつけるのがポイントです。サイドの髪は最後に仕上げるので、初めは分けて止めておきましょう。内側からアイロンを当てていきます。アイロンを当てる時の温度ですが、アイロンによって選べるものもありますが、できるだけ低温がおすすめです。

 

 

 

髪へのダメージも比較的少なくなります。くせをつけたいところには、何度か当てると髪型が定着します。低温とはいえ、やけどをするほどの温度なので髪を保護してくれるトリートメントやスタイリング剤は忘れないようにしましょう。内側の髪が巻き終わると、次は分けておいたトップの髪を仕上げます。毛先に近づくにつれ、内側に巻いていくイメージですると、くるんと内巻きになってくれます。毛先を巻く時は、あまり何度もアイロンを当てない方がよいです。何度も当てることによって、スタイルがきちんと決まらなくなり、結果まとまりがなくなってしまうこともあるからです。

 

 

 

 自宅で簡単にスタイリングができると、おしゃれを楽しむこともできます。最初は簡単なアレンジから挑戦していき、徐々にレベルアップしていくのもよいでしょう。いろんなアレンジができるようになったら、お友達などにもしてあげると喜ばれることと思います。