アイロンを使って簡単セルフスタイリングA

アイロンを使って簡単セルフスタイリングA

ヘアアイロンはいろんな時に利用できてとてもいいです。朝の髪型を整える時だけではなく、夜のドライヤー後のセットにもおすすめです。今回は、ヘアアイロンをシーンによってどのような使い方がよいか考えてみます。

 

 

 

 たとえば、お風呂上りのドライヤー後に使う場合。乾いたばかりなので、朝のように特別目立つ寝癖もないはずです。このときに軽くアイロンを当てておくだけで、次の日のセットも時間短縮になります。ドライヤーでは、完全に乾かしておきましょう。濡れた状態ですると髪はぱさぱさになってしまい、普段の時よりも倍以上のダメージが加わります。当てる時は、まず毛先から当ててみましょう。

 

 

 

下の層になっている髪から順番にしていくと、きれいに仕上がります。毛先をきれいに整えてから、サイドをまっすぐに伸ばします。真後ろの髪は左右に回してきて、内側に巻く感じで当ててみます。あまり丁寧に当てるというよりは、軽く全体的に髪がまとまる程度にする感じです。前の日に軽くアイロンをしておくだけで、次の日起きた時に髪がまとまってくれています。

 

 

 

 ヘアアイロンには、ドライヤーも兼ねているものがあります。これだと1本でドライとセットができちゃいますね。いつ使う場合でも、アイロンを当てる前はオイルかトリートメントを忘れないようにしましょう。これらは、髪が高温で傷むのから守ってくれます。乾燥を防いでくれる役割もあるので、冬場などは静電気にも安心です。一日に数回つけると、さらに髪を保湿してくれます。

 

 

 

アイロンはいつのシーンにも簡単に使えて便利ですが、くれぐれも頻繁に当てすぎないようにし、髪の状態をしっかりと見ながら使用しましょう。