ブロー&スタイリング術「濡れ髪ドライ編2」

ブロー&スタイリング術「濡れ髪ドライ編2」

まずは基本の濡れ髪ドライ方法をマスターしてみましょう。毛先にふんわりカールがついたナチュラルストレートを例にします。

 

 

 

@髪の水分をしぼる シャンプー後、タオルドライする前に手でしっかりと水分をしぼりましょう。
決して髪をひねったりしないように気をつけて。濡れている時の髪は敏感。切れ毛の原因になります。

 

 

 

A根元の水分を取る タオルで根元の部分の水分を取ります。根元は乾きにくいので十分にすいぶんをふき取りましょう。
ゴシゴシと地肌をこすらず、つまむように意識して。

 

 

 

B叩いて水分を取る 根元以外の部分はタオルでポンポンと押さえるようにして、水分を取ります。この時注意しなければならないのが、髪をこすり合わすようにしないこと。時間がなかったり面倒くさかったりすると、タオルでワシャワシャと雑に水気をとってしまいがちですが、ここを丁寧にするかどうかで髪質が変わってきます。

 

 

 

キューティクルがはがれて髪の毛を痛める原因になりますよ。